[新規投稿] [ツリー表示] [親記事一覧] [最新の記事を表示] [ログ検索] [ヘルプ] [ホームページへ戻る]


- 西村剣道の初めの動機 - 西村雅興 [2020年9月8日(火)]
ある先生のメール紹介 - 西村雅興 [2020年9月16日(水)]
掲示版は当分残します。 - 西村雅興 [2020年11月13日(金)]
Re:掲示版は当分残します。 - 佐野充 [2020年11月22日(日)]
Re[2]:掲示版は当分残します。 - 西村雅興 [2020年12月1日(火)]



西村剣道の初めの動機
西村雅興
2020年9月8日(火)
昔、赤同錫の助のアニメが流行ったとき、
剣道をするする少年が劇的に増えた。

日曜日のBSのドラマを見ていた{再放送?)。
題名は「鞍馬天狗」だった。
白馬に乗って颯爽と現れる鞍馬天狗のシーンを見たとき頭に浮かんだ。
あれ!、俺の剣道の原点はこれだった!と思った。
黒い覆面をかぶった、嵐寛勘十郎の鞍馬天狗にい魅了されたのだ。
父の兵児帯を頭に巻いて、竹の棒をもってチャンバラをしていた。
クリスマスの時叔父さんからすこし立派なオモチャの刀を頂いた。
嬉しくて一週間ほど抱いて寝ていた子供の頃をおもいだした。

全く白紙の頭に染め混まれた鞍馬天狗が、その後70年以上剣道に魅了されている自分に気がついた。

三つ子の魂百までもと言われるが。まさにそうなんだ!



この記事にレスをつける時は、下のフォームに書きこんでください。
お名前
URL
メール
題名
メッセージ
パスワード

下のボックスにパスワードを入力すると、記事の修正及び削除が出来ます。
パスワード

Tree BBS by The Room