[新規投稿] [ツリー表示] [親記事一覧] [最新の記事を表示] [ログ検索] [ヘルプ] [ホームページへ戻る]


- 西村剣道の初めの動機 - 西村雅興 [2020年9月8日(火)]
ある先生のメール紹介 - 西村雅興 [2020年9月16日(水)]
掲示版は当分残します。 - 西村雅興 [2020年11月13日(金)]
Re:掲示版は当分残します。 - 佐野充 [2020年11月22日(日)]
Re[2]:掲示版は当分残します。 - 西村雅興 [2020年12月1日(火)]



ある先生のメール紹介
西村雅興
2020年9月16日(水)
 西村雅興 先生



おはようございます。

メールありがとうございました。



私の拙い演武を観て下さって、ご感想と今後の課題まで頂き、感謝しております。



西村先生の教えに従い、原田先生と賀来先生という優れた先生方と触れ合え、

なんとか真似事の足運びが出来つつあることが楽しいです。



西村先生、原田先生、賀来先生は、こんな楽しみ方をされてたのだなぁ… とか、

争う心をどうやって抑えておられたのだろう… とか、考えながら稽古を楽しんでお
ります。



また、人に伝えることの難しさを痛感しました。

先生方のお言葉を思い出しながら取り組んでおります。



今年は、天皇陛下即位式典のお蔭で5月2日も休みになって八段審査の応援に行きま
した。

その時に思い出した西村先生のお言葉が「打つ前の一瞬の沈黙」と、言うお言葉でし
た。



私が拝見した中で「打つ前の一瞬の沈黙」を実践されてた先生がおられました。

一次審査に合格されたので(やっぱりなぁ… もしかしたら西村先生がご指導された
かも…)と、

思いながら帰りました。



「打つ前の一瞬の沈黙」で、その会場だけが空気というか重力というか… なんで
しょう?

変化したような気がしましたので、そのことが頭から離れず、今年の演武で試してみ
る事にしました。



触刃から交刃へ間合いを詰めて「打つ前の一瞬の沈黙」(真似事ですが…笑)を、
やってみました。

すると、お相手の心に変化が表れ、打ちに出ようとするのが判りましたので、

その一瞬先に足を出せる事ができたような気がします。



お相手の方にもよるかも知れませんが自分の中では

「あれ? こんな簡単な方法でお相手を引き出せてしまうのか?」でした。



何なのでしょう?(^^;





このところ、娘たちが相次いで出産して二人の孫ができました。

今年の11月にもう一人誕生する予定です。



落ち着きましたら、また、江戸川に訪問させて頂いて、

西村先生の剣道談義をお願いしようかと考えておりました。



それまでは「打つ前の一瞬の沈黙」を、いろいろと試しながら稽古に取り組みます。

今後ともご指導のほど、宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>



この記事にレスをつける時は、下のフォームに書きこんでください。
お名前
URL
メール
題名
メッセージ
パスワード

下のボックスにパスワードを入力すると、記事の修正及び削除が出来ます。
パスワード

Tree BBS by The Room